Travelgenio利用規約

1. ウェブサイトの使用

1.1. WEBサイトwww.travelgenio.comwww.travelgenio.jp(以下、「WEBサイト」という)は、スペイン・マドリッド市商業登記所の登記簿0巻1ページ8項M486495シート第1登記に登録された、観光識別コード(CICMA )2333番、法人住所をアルバサンス通り15- 2º Izq、28037マドリッド、スペインに置き、VAT番号(CIF)B25761120を有するTravelgenio S.L.(以下、「TRAVELGENIO」という)に属します。

1.2. TRAVELGENIOは、ユーザー(以下、「ユーザー」という)による変更を加えることなく下記の利用規約に同意していただくことでWEBサイトのご利用を提供しています。ユーザーは例外なくTRAVELGENIOの利用規約全てを明示的に承諾していただくことになります。

1.3. これらの規約に同意いただけない場合は、当WEBサイトのご使用をご遠慮ください。ユーザーは当WEBサイトを通じて提供されるサービスを取得することができる法定年齢に達していて、法的能力を有することを宣言します。また、当WEBサイトへのアクセスまたは当WEBサイトを使用中に提供されるすべての個人情報が詳細、完全かつ正確であることも宣言します。

2. WEBサイトを介した製品やサービスの予約

2.1. TRAVELGENIOのWEBサイトを通じて、ユーザーは旅行や観光に関連する第三者の製品やサービス情報へのアクセス権を持っています。一部の例では、対応するプロバイダーやツアーオペレーターからこれらの製品およびサービスの一部を予約もしくは購入することが可能です。

2.2. 旅行サービスだけでなく、他の製品や観光サービスの販売は、そのアクティビティを実行するために必要な許可やライセンスを保持する旅行代理店TRAVELGENIOによって行われます。

2.3. 提供者または旅行主催者団体による製品やサービスの予約や購入は、提供者または旅行主催者団体がそれぞれの場合に確立する利用規約の対象となります。ユーザーは、未払金の支払いを含むこれに限定されない予約したいサービスのプロバイダーまたはツアーオペレーターによって確立された利用規約を承諾し尊重、料金や製品、サービスの可用性の面ですべてのルールと制限に準拠することを宣言します。ユーザーによって選択された料金や製品、サービスに影響を与える特別なルールや制限は、予約処理中に画面に表示されます。

2.4. 詳細およびオファーや製品、サービス、経路、距離、時刻表やプロパティに関する情報の更新、WEBサイトを通じて提供される商品およびサービスに関連するその他の情報やデータは、それぞれの製品およびサービスプロバイダーやツアーオペレーターに対応します。TRAVELGENIOは、この情報を維持、改訂、監視または更新する責任を負わず、またその情報の真実性、正確性および完全性が最新のものであるか検証することも行いません。

3. フライトの特別利用規約

3.1. TRAVELGENIOは旅行代理店として、お客様と航空会社の仲介として機能します。これは当社のユーザーが予約したフライトに影響を与える規則および規制を確立するのは航空会社と言うことになります。

3.2. 航空会社が倒産またはその他の理由により運航を中止した場合、Travelgenioは仲介者として、持ち得る情報とともに前記状況を乗客に通知します。 このような場合、乗客と航空会社間でフライトを販売する輸送契約が正式化されているので、乗客は航空会社にフライトしていない航空券の払い戻しを要求しなければいけません。

4. サービス料

TRAVELGENIOは搭乗者ごとにサービスの支払手数料を請求します。これらはいかなる場合にも返金されず、ユーザーによって選択された料金とは別料金になります。クライアントの代わりに変更する場合は、料金の返金がなされても手数料などが発生する可能性があります。

5. >修正、キャンセル、払戻しや再発行

5.1. 航空会社と選択された料金はユーザーの要求による変更、キャンセル、払戻しまたは再発行を許可しています。TRAVELGENIOは、対応する航空会社によって確立された料金に追加して手数料を請求します。

5.2. いかなる場合においても、営業時間内にTRAVELGENIOへ直接ご連絡いただき、変更、キャンセル、払い戻しや再発行を要求するのはすべてユーザーの責任です。ご連絡をいただきましたら、ご要望に関する手続きの可能性と必要手数料や管理手続き方法についてご連絡します。

5.3. 変更またはキャンセル要求はお問い合わせフォームを通じて書面で行わなければなりません。

5.4. 重要:航空会社は搭乗者の氏名変更を許可していません。搭乗者の氏名を変更する場合は予約を完全にキャンセルし、チケットを払戻し(チケット料金に含まれる場合のみ)してください。このような理由から、ご予約フォームに搭乗者の氏名を記入する際にはそのスペルに十分ご注意ください。これは出発日に空港で提示される旅行証明書の氏名と必ず同じでなければなりません。

6. 料金の制限

ほとんどのフライト料金は変更またはキャンセルができません。またそのような場合に払戻しがされることもありません。これはそのチケットが購入時と異なる目的のために使用されないことを意味しており、これには往路を利用せずに復路のみを利用しようとする予約も含みます。

7. 料金の組み合わせ

7.1. お客様の旅に最適で幅広いオプションを常に提供するため、当社のシステムでは「往復」運賃の代わりに2つの「片道」運賃を組み合わせることができます。また、運賃の組み合わせの場合、変更やキャンセルには各運賃の特定条件が適用されます。

7.2. 最も競争力のある運賃をご提供するため、当社の検索エンジンでは、往路と復路の2つの予約を組み合わせたフライトオプションをご提供でききます。このオプションをご予約されると、2つの異なる参照コードを使用して、往路のフライトと復路のフライトが予約されます。各航空会社の固有条件で、変更やキャンセルは個別の予約として扱われます。

8. フライトスケジュールのリコンファーム

8.1. お客様は、航空会社に直接電話して、出発の少なくとも72時間前までにご予約を再確認する必要があります。再確認されていないご予約はキャンセルされるおそれがあります。

8.2. 航空会社はフライトを変更、修正、キャンセルすることができます。そのため利用者はフライトを再確認する責任を負います。

8.3. Travelgenioは不測の変更のための自動システムを有していますが、搭乗者は予約に関する不測の変更の派生法的責任からTravelgenioを免除します。

9. お支払フォーム

Travelgenio.com では、以下のクレジットカードやデビットカードを取り扱っています:Visa、Master Card、AmericanExpress、DinersClub、VisaElectron、Maestro。すべての支払いは安全に行われ、データは総合的なセキュリティのために暗号化されています。

9.1. クレジットとデビットカードの制限

9.1.1. ほとんどの金融機関は、セキュリティ上の理由のためクレジットカードやデビットカードに1日当たりの購入限度額を設けています。これはクレジットカードまたはカード残高とは無関係です。

9.1.2. ほとんどの場合、クレジットカードまたはデビットカードは、二つの異なる取引で合計金額が請求されます。一つはTravelgenio SL,から任意のサービス料および/または加入された保険料が、これとは別にお客様の航空券を発行する航空会社から料金が請求されます。ご予約後24時間以内に決済処理とチケット発行の結果詳細を記した2通目のメールをお送りします。

9.1.3. お支払に関する不具合を回避するため、ご利用の金融機関にご連絡いただき、お客様のカードが合計金額お支払可能であることを確認することをお勧めします。いずれの場合においても、お支払い方法に関する事例はすべてユーザーの責任です。

9.2. サードパーティの予約

TravelgenioS.L.は、購入の信憑性を確認し、お支払いがカードの持ち主によって許可されていることを確認するために、追加資料を要求する権利を留保します。場合によってはVisa、MasterCardのセキュアコード、または銀行振込を介した認証安全決済プラットフォームを介してのお支払いを要求することがあります。

9.3. 請求書の依頼

請求書を依頼するには必要な税務情報(氏名、住所、税番号など)を記して当社までご連絡ください。

10. 重複予約

何らかの理由で予約の支払いに失敗した場合、お客様の予約状況を確認するためカスタマーサービスにご連絡ください。ユーザーが事前にカスタマーサービスと連絡をとっていない限り、Travelgenioは重複予約の払い戻しを保証することはできません。事実、ほとんどの航空会社は、同じ代理店内でも他の旅行会社間でも、重複予約の払い戻しは行なっていません。

11. 搭乗者の氏名の間違い

11.1. 購入手続き中にユーザーが起こした可能性がある間違いはユーザーの責任となります。ユーザーはチケット発券日に予約情報全てを確認し、チケットのあらゆる間違いを報告しなければいけません。予約後、スパムフォルダを含むメールをご確認ください。

11.2. 一般的に、チケットの氏名の変更は元のチケットのキャンセル、そして新しいチケットの発券を意味します。ほとんどの航空会社は、氏名の変更を許可する場合、運賃の種類によって変わる料金を請求します。さらに、Travelgenioはいかなる場合も処理費用として搭乗者1名につき50€ (または現地通貨に相当する額)ロ 請求します。

11.3. 搭乗者名が旅行証明書と一致しない場合、搭乗者の搭乗を航空会社が拒否することがあるので、ご注意ください。その場合、搭乗拒否のため乗客が負担する費用に関してTravelgenioは責任を負いません。

12. 追加のサービス

12.1. カスタマーサービス

12.1.1. 変更・キャンセル手数料

• ゴールド:変更・キャンセルの場合、手数料はかかりません。

• シルバー:変更・キャンセルの場合、手数料はかかりません。

• ベーシック:変更・キャンセルの場合、50€(または現地通貨に相当する額)手数料がかかります。

いかなる場合も、契約した運賃の条件によって航空会社が請求できる料金とは別料金です。

12.1.2. 優先サポート

• ゴールド:専用ダイヤルによる電話サポート、または問い合わせフォームによる24時間以内の回答サポートは最優先です。

• シルバー:専用ダイヤルによる電話サポート、または問い合わせフォームによる24時間以内の回答サポートの優先度は中度です。

• ベーシック:電話または問い合わせフォームによる優先サポートはありません。

12.1.3. 返品と払い戻し

• ゴールド:返金・払い戻し手続きは、最大3営業日以内に行われます。

• シルバー:返金・払い戻し手続きは、通常の期限です。

• ベーシック:返金・払い戻し手続きは、通常の期限です。

12.2. 特別サービス

ご予約時に特別サービスをリクエストされる場合は、本サービスが必要となります。弊社代理店が、航空会社に対するお客様ご希望のサービスリクエストを実行いたします。この確定は常に航空会社次第であり、場合によっては航空会社から超過料金が要求される場合があるのでご留意ください。 (サービス確定前に、お客様にその旨通知させて頂きます。) 本サービスにより、下記事項が可能となります:

• 座席指定

• 特殊荷物のご依頼(例:スポーツ用具、楽器等)

• 航空券料金に含まれていないお荷物の追加サービス

• お食事、または特別食リクエストの予約(対応可能な便の場合)

• ペットの輸送(機内または貨物室のどちらの場合も)

• 付き添いのないお子様の航空券購入。サービスご購入前に航空会社がそれを許可しているかを必ず確認してください。

• 航空会社による便の変更および/またはキャンセル時における、特別アシスタンスサービスの利用。

個別サービスには航空会社へのリクエスト対応が含まれるため、サービスの確定(および料金が発生する場合はその料金)は各航空会社の状況によります。本サービスの払い戻しはできません。

本サービスは、フライト出発48時間前までリクエスト可能です。

12.3. フレキシブルチケット

サービス要件

搭乗者一人当たりの料金.

1. 時間的制約事項

• 本サービスは、ウェブ上での予約と同時に購入および支払いが必要となります。予約完了後の本サービスの購入はできません。

• 予約変更はカスタマーサービスの営業時間内に、最初の便の当初の出発時刻の少なくとも48時間以内に行うする必要があります。

• 当初の予約時の航空券購入日より一年以上、ご旅行を延期することはできません。

2. 変更方法

• 電話にてカスタマーサービスに連絡するか、弊社ウェブサイトの「カスタマーサービス」セクションにて、リクエストオプション>予約変更と進み、予約番号、変更の対象となる乗客者氏名、およびご希望の変更をご記入ください。

• 電子メールによる変更確認通知後に、変更が有効となります。

3. 条件

• 本サービスは当初の航空券と同航空会社かつ同料金で空席があるという条件にて、可能なすべての日時への変更が可能です。ご希望の変更により追加料金および/または税金の支払いが発生する場合は、お客様がその差額を払うものとします。

• 部分的に使用した航空券に関するいかなる変更も認められません(例えば、お客様がすでに往路フライトを利用された場合は、復路フライトを変更することはできません)。

• 航路変更(出発地、到着地、および/または乗換)および乗客者氏名の変更は認められません。

• 本サービスの払い戻しはできません。

• フレキシーブルチケットサービスは、いかなる場合でもその予約返済は認められません。

• フレキシーブルチケットサービスと同時に、旅行取消費用保険や旅行取消費用保険プラスを購入された場合は、フレキシーブルチケットサービスは、それらの保険ポリシーを無効とします。

• 予約変更によりお客様が特別運賃(例:子供または乳幼児)への権利を失う場合は、料金の差額はお客様の負担となります。

• 代理店は、航空会社から直接購入された追加サービスのいかなる責任も負いません。

• 本サービスは購入者本人のみ有効で、譲渡不可能とし、購入された予約航空券にのみ適用されます。

 

12.4. 返金保証

旅行しないと決めた場合、予約の料金を払い戻し。

このサービスでは、予約後12時間以内のキャンセルであれば、追加料金なしで最高1,000ユーロの払い戻しを保証します。

「ベストプライス保証」サービス料は、どのような場合でも払い戻しされません。

払い戻しは、顧客サービスフォームを通じてリクエストする必要があります。

搭乗者一人当たりの料金.

13. 搭乗者と手荷物輸送の契約条件

注意:目的地または1つ以上の途中降機地がフライト出発空港以外のご旅行は、モントリオール条約またはその前身であるワルソー条約などの国際条約が、旅程の一部が同国内である場合も含む旅行全体に適用されます。この場合、任意の適用料金に組み込まれた特殊な輸送条件を含む適切な条約が適用され、航空会社の責任を規定そして制限することができます。

14. 有限責任について

14.1. モントリオールとワルソー条約がお客様のご旅行に適用されます。これらの条約は死亡または人身傷害、手荷物の破損や紛失、および延着などの場合航空会社の責任を規定そして制限することができます。

14.2. モントリオール条約が適用される場合責任の制限は次のとおりです:

14.2.1. 死亡または人身傷害に対する賠償責任限度額は設けられていません。

14.2.2. ほとんどの場合手荷物の破損、または紛失に対する航空会社の賠償責任限度額は搭乗者一人あたり1,131SDR(約1,200ユーロ、1,800USドル)とします。延着による損害については、搭乗者一人あたり4,694SDR(約5,000ユーロ、6,500USUSドル)とします。

14.3. EC規則第889/2002号により、欧州共同体の航空会社は全タイプの乗客や貨物の航空輸送サービスについて、モントリオール条約に定められた制限に関する法的要件を適用しなければなりません。また、欧州共同体に属していない多くの航空会社も、乗客とその荷物の輸送に関してこモントリオール条約を適用しています。

14.4. ワルソー条約が適用される責任制限は以下の通りです:

14.4.1. ヘーグ議定書が適用される場合は死亡又は身体の傷害について16,600SDR(約20,000ユーロ、20000ドル)、ワルソー条約のみが適用される場合は8,300SDR(約10,000ユーロ、10,000ドル)が限度とされています。多くの航空会社は自発的にこれらの責任限度を撤廃しています。また米国の規制により米国内の地点を出発地、到達地又は予定帰着地とする旅行の場合の責任限度額は75,000USドルを下回らないことが義務付けられています。

14.4.2. 預入手荷物の紛失もしくは延着の場合については、1キロあたり17SDR(約20ユーロ、20ドル)が限度とされています。チェックインされていない持込手荷物については332SDR(約400ユーロ、400ドル)が限度とされています。

14.5. 遅延に起因する損害についても航空会社が責任を負う場合があります。

14.6. 旅客の運送に適用される責任制限に関する詳細については各航空会社に直接ご確認ください。旅程に複数の航空会社が含まれる場合に適用となる責任限度については、それぞれの航空会社にご確認ください。

14.7. 旅客の運送にいかなる条約が適用されるかにかかわらず、搭乗手続き時に手荷物の価額を申告し必要とされる追加料金を支払うことにより、手荷物の減失、破損または延着による損害について、最も高額な責任限度額の適用を受けられる場合があります。あるいは手荷物の価額が適用責任限度額を越えている場合は旅行開始前に十分な保険をかけてください。

14.8. 出訴期限:損害賠償請求に関する訴えは、航空機が到達した日又は航空機が到達すべきであった日から2年以内に提起しなければなりません。

14.9. 手荷物に関する請求:預入手荷物破損の場合は当該手荷物受取日から7日以内に、延着の場合は荷物の受取後21日以内に航空会社に対しに書面で通知しなければなりません。

15. 参照により組み込まれる契約条件について

15.1. 航空運送を提供する航空会社との運送契約には、国際運送、国内運送、又は国際運送に含まれる国内区間であるかを問わず、本通知、運送人が発行する通知又は控、各航空会社の運送約款(条件)、関連する規則、規制、規定(規則等)及び適用料金が適用されます。

15.2. この通知により、各航空会社に適応される条件、規則、有効な料金は輸送契約に参考として援用され、契約の一部となります。

15.3. 以下の条件が含まれますが制限されません:

15.3.1. 旅客の身体の傷害又は死亡の場合における航空会社の責任に関する条件と限度。

15.3.2. 破損しやすいもの、生鮮食料品など腐敗しやすいものを含む物品及び手荷物の紛失、破損または延着の場合における航空会社の責任に関する条件と限度。

15.3.3. 高価な手荷物の申告及び適用されうる追加料金の支払いに関する規定。

15.3.4. 航空会社に設備又はサービスを提供する者を含む、航空会社の代理人、従業員及び代表者の行為に対する運送約款及び責任制限の適用。

15.3.5. 航空会社に対する請求の申立期限又は出訴期限を含む損害賠償請求に関わる制限。

15.3.6. 予約確認又は予約、搭乗手続き時刻、航空運送サービスの利用、期間及び有効性並びに航空会社の運送拒否権に関する規定

15.3.7. スケジュール変更、代替航空会社又は代替航空機による代替運送もしくは経路変更の場合を含む延着又は運送債務不履行に関する航空会社の権利及び責任限度、及び適用法令により必要とされる場合における実行航空会社又は代替航空機について旅客に告知する航空会社の義務。

15.3.8. 適用法令を遵守せず又は必要な渡航書類を提示しない旅客の運送を拒否する航空会社の権利。航空券が販売されている場所において、運送契約に関するより詳しい情報及びコピーの入手方法を知ることができます。

15.3.9. また、多くの航空会社はWEBサイトに情報を掲載しています。適用法令に定めがある場合、航空会社の空港又は販売営業所において運送契約全文を閲覧し、また希望すれば郵便又は他の送付手段で各運送人から無料で入手する権利があります。

15.3.10. 航空会社が、他の航空会社による運送であることを明示しつつ、航空運送サービスの販売又は手荷物の受託を行う場合は、当該他の航空会社の代理人としてのみこれらを行うものとします。

パスポートやビザなどの必要書類を所持していない場合はご旅行いただけません。
出発地と目的地の移民要件と衛生的要件を果たすことは同乗者の責任でございます。
政府機関は航空会社に対し、旅客情報の提供又は旅客情報へのアクセスの許可を求める場合があります。

15.4. ご搭乗いただけない場合:オーバーブッキング等により、稀に確認された予約をお持ちのお客様にも座席を提供できない場合がございます。ほとんどの場合には、ご搭乗いただけなかったお客様は補償を受けることができます。適用法令に定めがある場合、航空会社は、お客様の意思に反してご搭乗を取りやめて頂く前に、自主的にご搭乗を辞退される方を募らなければなりません。ご搭乗いただけない場合の補償(DBC)に関する全規則や搭乗の優先順位に係る情報につきましては、搭乗の際にご確認ください。

15.5. 手荷物: 一定の種類の物品については、責任限度額を超える価額を申告することができます。航空会社は、破損しやすいもの、高価なもの又は変質、腐敗しやすいものに対して特別な規定を適用する場合があります。航空会社にお問い合わせ下さい。預入手荷物:航空会社は、クラス及び/又は経路によって異なる無料手荷物許容量を定めることがあります。航空会社は、許容量を超える預入手荷物に対しては超過料金を適用する場合があります。航空会社にお問い合わせ下さい。機内持込手荷物:航空会社は、クラス、路線及び/又は航空機の種類によって異なる無料で機内へ持ち込める手荷物許容量を定めることがあります。機内持込手荷物は最小限にすることを推奨しています。航空会社にお問い合わせ下さい。2つ以上の航空会社を利用する旅程の場合、それぞれの航空会社によって異なる手荷物(受託、機内持込みの両方)の規定が適用されることがあります。

15.6. 米国国内区間における手荷物の特別な責任限度:米国国内区間のみの運送においては、米国連邦規則により、航空会社の手荷物に対する責任限度は、旅客1人当り最低3300USドル、又は現在規制14CFR254.5にて指定されている額とされています。

15.7. 搭乗手続き締め切り時刻:飛行機の出発、途中降機と到着の時間はこちらのページの時間割に示されております。時間はいつも現地時間で示されております。
国内線の旅行の際は、出発時刻の90分前に空港にいらっしゃいますようにお勧め致します。国際線の旅行の際は、出発時刻の2時間前に空港にいらっしゃいますようにお勧め致します。目的地と航空会社にとって以上のお勧めの時間は違う場合もございますので、航空会社ともう一度ご確認ください。同乗者の責任でございます。

15.8. 危険な物品:(危険物)安全上の理由により、危険な物品は、特別に認められる場合を除き、手荷物 (正式書類のない)としてのお預かりもお持ち込みもできません。高圧ガス、腐食物、爆発物、可燃性液体・固体、放射性物質、酸化性物質、有毒物質、感染物質、警報装置の入ったブリーフケースなどが危険な物品に含まれますが、これらに限られるものではありません。保安上の理由により、他の制限も課されることがありますので、航空会社にお問い合わせ下さい。
2015年1月1日より米国運輸省は米国の出発帰着便において、フライトに危険とみなされる禁止アイテムを新たに追加しました。大量の大型リチウム電池、爆発物/花火、軽い流体、マッチ、酸素ボンベや液体酸素、可燃性液体、殺虫剤、毒または腐食性物質などが含まれます。ご旅行前に念のため手荷物に危険物が含まれていないか米国運輸省の公式ウェブサイトをご確認ください。

15.9. 危険物:以下に描かれた物品は、航空会社への確認なしにお預けもお持込みもできません。
航空会社は出発時間が近づいていても時刻表を変えることができます。そのため、搭乗者は少なくとも出発予定時刻の48時間前までに出発時間とフライト時刻表を再確認する必要があります。搭乗者は時刻表を確認しなかったために引き起こされるあらゆる不都合の全責任を負うことになります。

15.10. 注意:お客様の国内航空旅行に関する有限責任の規制については、その国の規制をご確認ください。

16. フライトコード6XXX(IB6000からIB6999)のイベリア航空便

16.1. すべてのフライトコードのIB6xxx便のマドリッド-バルセロナ間およびバルセロナ-マドリッド間のフライトは、マドリッド空港ターミナルT4およびバルセロナ空港ターミナル1から出発・到着します。

16.2. マドリッド-カナリア諸島間のフライトコードIB6xxxの便は、国際線(マドリッド空港ターミナルT4出発/到着)とみなされます。そのため、すべての搭乗者は(小人および乳幼児を含む)は有効なIDカードおよび/またはパスポートを保持しなければなりません。同伴者なしの未成年の搭乗者は、両親または保護者が署名した追加の証明書が必要です。スペインの居住許可証(NIE)は、パスポートを伴わない限りこれらのフライトには有効ではありません。すべて対応する移住要件に準拠していることを確認するのは搭乗者自身の責任です。

17. 格安航空券の特別利用規約

17.1. TRAVELGENIOでは格安航空会社のフライトも予約することができます。これらのチケットはTRAVELGENIOによって発行されるのではなく、受け取った情報と提供されるサービスに対して責任を持つ航空会社自身によって発行されます。

17.2. 航空会社がお客様の予約を確認次第、すぐにTRAVELGENIOからフライトの詳細を記した確認メールが届きます。

17.3. 格安航空会社のご予約の際、クレジットカードまたはデビットカードは二回請求されます:一つ目は航空会社から直接請求されるチケット料金、二つ目はTRAVELGENIOから予約手数料(いかなる場合にも払戻しされません)が請求されます。これら2つの支払額の合計は、ご予約合計金額と等しくなります。

17.4. 予約を変更したり、特別サービスを依頼する場合は、直接航空会社にご連絡ください。TRAVELGENIOは格安航空券の変更や払戻しを行うことはできません。確認メールで航空会社の連絡先についての詳細を見ることができます。

17.5. ほとんどの格安航空会社は動物の輸送を許可しておらず、特別なサービスに関して一定の制限があるを設けていますのでご注意ください。詳細に関しましては直接これらの航空会社にお問い合わせください。

17.6. 時刻表の変更および/または欠航が生じた場合、航空会社のみがその責任者となります。フライト出発予定時刻の48時間前に航空会社に電話をしてフライトを再確認することが不可欠です。

17.7. 14歳未満の小人は、その責任を負う16歳以上の成人の同伴者を伴う場合を除き搭乗できません。13歳未満の小人は、同伴を伴わず搭乗することはできません。(このような場合は、それぞれの契約条件を確認するために航空会社にお問い合わせください。)

18. 移住と保健の必要条件

18.1. 目的地の国、旅行中に立ち寄る国、および乗り継ぎを行う国で施行されている、出入国に関する要件(文書、ビザなど)、および健康に関する要件(ワクチン、隔離期間、マスク着用義務など)は、お客様の責任で、すべてこれを遵守してください。フライトを運営している航空会社が求める搭乗に関する要件についても同様です。このような要件を遵守しなかったことで生じる結果について、TRAVELGENIOはいかなる状況においても責任を負いません。

18.2. ルフトハンザ航空をご利用の場合は、こちらのリンクから同社固有の条件について調べることができます。

18.4. 英国にご旅行の場合は、出発前にオンラインでつぎのフォームに記入する必要があります。

18.4. 目的地の衛生状態のリスクや特性を知り、適用される規則を認識していることを確認するために、現地の外務機関および/または保健機関に連絡することは旅行者の責任です。

19. 未成年者

19.1. 未成年者は、適切な国民IDカードやパスポートを常に携帯し、両親または法定後見人を伴わない場合は、これらの者が署名した書面による許可書が必要です。

19.2. 「系図」は有効な旅行証明書ではありませんのでご注意ください。

19.3. 17歳以下の未成年者は通常、その他の未成年の責任者にはなれません。

20. 2015年6月1日からの新しい旅行規定:小人を伴う南アフリカへの渡航

20.1. 2015年6月1日より、南アフリカ内務省の要請により南アフリカへ渡航の際、18歳未満の全てのお子様はパスポートとは別に出生証明書が必要となりますのでご注意ください。

20.2. この新しい規制は南アフリカへの渡航を希望する南アフリカ国民ならびに外国籍の未成年者すべてに適用されます。

20.3. 出生証明書を発行していない国の場合は、同じ情報を含む国の管轄当局の書簡が必要となります。

20.4. すべての文書は、居住国で公証人または同等の機関によって認定された原本またはコピーでなければなりません。また、公証人の文書は3ヶ月以内のものしかご使用できません。

20.5. 下記に新しい規制の要約をまとめています。付録Iにも記載されていますのでご参照ください:

20.5.1. 両親が子供を伴う旅行をする場合

• 親子関係の詳細を記した省略事項のない完全な出生証明書が必要です。

• 養子の場合は養子縁組証明書により親子関係を証明することができます。

 

20.5.2. 父親もしくは母親のどちらかが子供を伴う旅行をする場合

• 親子関係の詳細を記した省略事項のない完全な出生証明書。および、下記のうちの一点。

• 同伴者である一方の親が子と共に南アフリカに入国または同国から出国することを許可する、出生証明書に親として登録されているもう一方の親からの、宣誓供述書の形式での同意書。または、

• 同伴者が子の親または法定後見人の場合、子に関する完全な親権および保護責任、または法的後見人の責任を認める裁判所命令。または、

• 該当する場合、出生証明書に親として登録されているもう一方の親の死亡証明書。

• 法的に分離された両親は、もう一方の親が同意しない裁判所命令を提供する必要があります。

• 当局は子供の両親がともに故人であり、子供が親戚または子供の関係者またはその両親と一緒に渡航する場合、南アフリカ共和国からの出入国を許可する場合があります。
実の子供でない小人を伴う旅行をする場合に必要なもの。

• 出生証明書のコピー。

• 子と共に旅行することを許可されていることを承認する、子の両親または

• 法定後見人からの宣誓供述書。

• 子の両親または法定後見人の身分証明書またはパスポートの写し。

• 子の両親または法定後見人の連絡先情報。当局は子供の両親がともに故人であり、子供が親戚または子供の関係者またはその両親と一緒に渡航する場合、南アフリカ共和国からの出入国を許可する場合があります。

20.5.3. 同伴者なしの未成年者は入国審査官に下記の書類提出が必要です

• 証書または宣誓供述書の形式での、子の両親または一方の親または法定後見人からの、子の南アフリカへの入国または同国からの出国に関する同意書:いずれか一方の親が同意書を提出する場合、子に関する完全な親権および、保護責任を認める裁判所命令の写しも提出する必要があります。

• 南アフリカで子を引き取る人物からの、南アフリカでの子の滞在場所となる当該人物の住所および連絡先を記載した証書。

• 南アフリカで子を引き取る人物の身分証明書、または有効なパスポートおよびビザ、または永住許可証の写し。および、

• 子の両親または法定後見人の連絡先の詳細。

 

20.5.4. 2005年南アフリカ児童法(2005年の第38号)で定義される、代理人によるケアを受ける子供は、南アフリカ児童法169項で想定される子供の場合、南アフリカを出発する前に社会開発省管区長から承諾書の謄本を提出しなければなりません。

21. 米国への渡航

米国における乗り継ぎまたは、最終目的地を米国とするビザ免除プログラム(VWP)加盟国の国民は、電子渡航認証システム(ESTA)を介して渡航認証を受けることが義務付けられています。申請は必ず少なくとも出発の72時間前までに下記のリンクから行ってください:https://esta.cbp.dhs.gov

重要:すべての旅行者にEパスポート(ICパスポート)の所持が義務付けられています。もし所持していない場合は、旅行用のビザ取得が必要となります。

22. カナダへの渡航

よりカナダにおける乗り継ぎまたは、最終目的地をカナダとする渡航者は電子渡航認証(eTA)を介して渡航認証を受けることが義務付けられています。ご予約の際、同時に下記のリンクから申請を行ってください:http://Canada.ca/eTA

23. 旅行保険とキャンセル保険

TRAVELGENIOは、安全のために旅行やキャンセル保険に加入することを進めします。詳細については当社までお問い合わせください。

24. ホテルや宿泊施設の特別利用規約

24.1. TRAVELGENIOは旅行代理店として、お客様とホテルの卸売事業者の仲介として機能します。これはお客様が予約した宿泊施設でのご滞在に関連する規則および規制を確立し、当社で予約したサービス提供に関する責任を負うのはホテルの卸売事業者および宿泊施設提供者と言うことになります。

24.2. ユーザーによる自主的なキャンセルや予約変更の場合には、TRAVELGENIOは返金不可の管理手数料をご請求いたします。さらに、任意の予約キャンセルや変更は、キャンセル時期、個々の日程、宿泊施設提供者および目的地によって異なる、ホテルの卸売事業者や宿泊施設提供者によって設定された手数料の対象となることがあります。

25. 追加情報

25.1. 当社のWEBサイト上で予約を行うために、ユーザーは搭乗者/旅行者データおよび支払いの方法を識別するための情報を提供する必要があります。これは段階ごとに行われ、情報が送信されるとご購入を完了する前に、提出された情報の概要が表示され、これを再確認してからご購入を完了することができます。さらに、ご購入が完了するとお支払の確認と関連情報を含む確認メールが届きます。

25.2. ユーザーが全ての個人情報を注意深く確認することは最も重要であり、この責任はすべてユーザーが負うものとします。例えば氏名、IDやパスポート番号、メールアドレス、電話番号などは、必ず購入を確定する前に正しいことを確認してください。

25.3. チケットやクーポン発券後の変更またはキャンセルには、手数料や追加料金がかかります。予約やそれに伴う購入は、対応する予約番号、予約確認のコピー、指定されたメールアドレスに送信されたお支払証明が確認画面に表示され、TRAVELGENIOが正しくクレジットカードまたはデビットカードから料金を徴収または、送金の受取もしくは対応金額のお支払を受け取った場合のみ確認されたと認識されます。

25.4. 上記のすべての条件が満たされない限り、予約はいつでもTRAVELGENIOによりキャンセルすることができます。

25.5. TRAVELGENIOは購入を確認するため追加情報の提供を依頼する権利を有します。

25.6. 予約を行うことにより、お客様は予約時に指定されたクレジットカードまたはデビットカードへの対応する合計金額請求を承認することとなります。クレジットカードまたはデビットカードでのお支払いを処理できない(取引が拒否された)場合、予約がTRAVELGENIOおよび/またはサービスプロバイダーによってキャンセルされる可能性があることに注意してください。

25.7. チケットが発行される前に、フライト予約の支払いはクレジットカードまたはデビットカードで処理されます。

25.8. 当WEBサイトに掲載されている価格は全て空港税等が含まれていますが、現地通貨もしくは米ドルで支払われる、指定された地域のビザや適用される可能性のある出国税などは含まれていません。予約時からチケット発行まではお客様によって行われ、その予約の遅延支払いにより様々な関税が適用対象となります。

26. 守秘義務

26.1. TRAVELGENIOはお客様のプライバシーの権利を尊重します。私たちはプライバシーと個人情報のセキュリティの重要性を理解しています。そのため、当社の守秘義務ポリシーに関して次の通りお知らせいたします:

26.2. 当サイトを通して製品購入またはサービスの予約をする際、氏名、メールアドレス、クレジットカードまたはデビットカード番号と有効期限、および電話番号を提供する必要があります。この情報は予約手続きに必要不可欠で、常に最新情報であることが重要です。

26.3. もし懸賞やプロモーション特典などに参加する場合、当社はお客様の氏名、住所およびメールアドレスをお伺いします。この情報は懸賞主催者のために必要となり、受賞者への通知に使用されます。

26.4. お客様の個人情報は関係機関外の第三者に渡されることはありませんが、当サイトを通して製品やサービスの予約・購入を行う場合、商業上関係がある第三者にこのデータを渡すことがあります。これらの第三者は世界各国に存在します。また、当社の売上、顧客、データトラフィックおよびWEBサイトに関するその他の情報についてのグローバルな統計情報を第三者に提供することがありますが、これらの統計には個人を識別するために使用することができる任意の情報は含まれていません。

26.5. 当社では、顧客に有利となると考えられる機会や、当社の製品およびサービスに関する情報、コンサルティングサービスなど、高品質のパーソナライズされたサービスを提供するために、必要と考えられる情報の収集と処理を制限しています。

26.6. TRAVELGENIOに登録し、当社のニュースレター受信を許可することにより、当社が事前に選択した企業からお客様のニーズにあったサービスや製品についての特別オファーやプロモーション、推奨事項など有用な情報を受信することについて同意したこととなります。

26.7. 当社では、当WEBサイトでの予約時にお客様が選択したプロバイダーに必要なすべての情報を渡し、同じ規制を遵守するように依頼します。

26.8. 同時に、スペインの個人情報の保護に関する基本法15/1999、1999年12月13日に基づき、私たちは不正アクセスを回避するために、データ記憶および表示に関する厳格なセキュリティ手順に従います。

27. Cookieの使用

27.1. Cookieはお使いのコンピュータのハードドライブ上のWebブラウザによって保存されている情報のフラグメントです。TRAVELGENIOのWEBサイトを訪問する度に、私たちのサーバーは、あなたのCookieを認識し、ユーザーの最後の訪問についての情報を提供します。Webブラウザの大半は自動的にCookieを受け入れますが、通常それらを無効にすることが可能です。Cookieを無効にしても、製品やサービスの予約を含め、当社のWEBサイト上のサービスのほとんどを使用することができます。

27.2. 当社がお客様の個人データを使用する場合についてのコメントや苦情をお寄せいただく際はこちらのメールまでお送りください。

28. データ保護

WEBサイトを使用するためにユーザーによって投稿されたされた個人データは「データ保護」に含まれているプライバシーポリシーの対象となります。

29. 著作権と知的財産

(テキスト、画像、商標、デザイン、ソフトウェアなどを含む)当WEBサイト内の全ての内容はTRAVELGENIOとコンテンツプロバイダーが所有権を有しています。これらは保護され、国内および国際レベルで認識されます。TRAVELGENIOの明示的な同意なしに当サイトを複製、使用または転用することは固く禁じられています。

30. WEBサイトの利用

当WEBサイトは当社の顧客による私的使用目的のために設計されています。任意の修正、複製、複写、複製、転用、販売、転売や商業または非商業的利用は固く禁じられています。当WEBサイトを使用することで、違法または禁止事項の目的でこれを使用しないことに同意します。

31. 他のWEBサイトへのリンク

当社のWEBサイトはTRAVELGENIOが管理せず、その責任を負うことのない他のWEBサイトへのリンクを含んでいます。TRAVELGENIOはお客様の利便性としてのみ含まれた第三者のWEBサイトの保証や後援は行いません。

32. WEBブラウザとオペレーティングシステム

当社のWEBサイトはWindowsプラットフォーム上でInternet Explorerを使用して表示されるように最適化されています。TRAVELGENIO別のWebブラウザまたはオペレーティングシステムを使用しながら得られる結果の責任を負うことはできません。

33. 適用法

本規約はスペイン法により全て管理されています。

TRAVELGENIOはWEBサイトだけでなく利用規約にも、いつでも改訂を加える権利を留保します。

法的または司法結果については、この原本であるスペイン語版のみが有効です。

Travelgenio SL
c/Albasanz, 15, 2º Izq.
28037-Madrid
スペイン
電話:+81-(0)3-4589-4815
FAX:+34 91-754-5683
Email: [email protected]
WEBサイト:www.travelgenio.jp