航空券のご予約時に、「フレキシブルチケット」をお選びいただける追加オプションを提供いたしております。このサービスを選択することにより、ご出発の48時間前までなら、理由を問わず、フライトの日付を 1回 変更することができます。これにより、航空会社から請求される高額な変更手数料を回避することができます。

航空券の変更ができるのはいつまでか?

航空券の変更は、ご出発の48時間前まで(ご契約内容のうち最初のフライトから48時間)できます。

どのような理由なら航空券を変更できるか?

休暇を過ごすつもりの目的地で期待外れの天気予報が出ているため、これを避けるような場合や、目的地での滞在日数を数日延長したいような場合まで、理由を問わず、フライトの日付を変更することができます。

フレキシブルチケットの使用方法

  • お客様から、Web サイトの My Trips で要望オプションを選択し、カスタマーサービスにご連絡いただく必要があります。予約を変更するには、予約番号、変更したい旅行者のお名前と、希望する変更内容をお知らせください。
  • 変更は、承認が得られ次第有効になります。

フレキシブルチケット利用規約早分かり

  • このサービスは、Web サイトで航空券をご予約いただく際に、同時にお申込みいただき、料金をお支払いいただく必要があります。このサービスをあとから予約することはできません。
  • フレキシブルチケットにより、1件のご予約につき、1回の変更が可能となります。
  • 変更は、カスタマーサービスの営業時間内で、かつ、ご出発の48時間前まで(ご契約内容のうち最初のフライトから48時間)に、予約代表者からお電話していただく必要があります。
  • 延期できるのは、ご購入日から起算して1年以内となります。
  • このサービスにより、同一航空会社が運航する同一運賃のフライトに、ご旅行の日付を変更することができます。変更後のフライトのほうが航空運賃が安い場合、差額の払い戻しは受けられません。変更後のフライトのほうが航空運賃が高い場合、差額は旅行者のご負担となります。
  • すでに一部ご利用になった航空券の変更はできません。(たとえば、すでに往路便をご利用になっている場合、復路便を変更することはできません)。
  • ルート(出発地、目的地、経由地)の変更や、旅行者のお名前の変更には適用されません。
  • 同一のご予約で、お一人様だけでなく、複数の旅行者のフライト日付を変更することもできます。
  • ご予約の変更により、一部の旅行者が特別運賃の適用措置を受けられなくなる場合(お子さまや乳幼児など)、差額はお客様のご負担となります。
  • 弊社代理店は、航空会社で直接購入された追加サービスについては、責任を負いません。
  • このサービスの料金は、いかなる場合も払い戻しできません。
  • このサービスは、属人的なもので、他の方に譲渡することはできません。
  • このサービスは、属人的なもので、他の方に譲渡することはできません。また、ご購入のご予約にのみ適用されます。
  • フレキシブルチケットのサービスをいったんご利用いただきますと、払い戻しは受けられません。
  • フレキシブルチケットとキャンセル保護またはキャンセル保護プラスを、同時にご購入いただいた場合、フレキシブルチケットをご利用になりますと、購入したキャンセル保護はキャンセルされます。

ご旅行の日付変更に伴い、査証など渡航に必要な書類を調整する必要が生じる場合は、お客様の責任でご対応ください。

これは役に立ちましたか?

関連する質問

オンライン予約の手引き 新規予約時にはパスポートに記載されている詳細情報が必要か? Airobot 自動フライト搭乗手続きサービス利用規約

現在の旅行情報

現在の旅行情報の詳細

Travelgenioは Cookie を使用しています

Cookie はさまざまな目的で使用されます。 [すべての Cookie]をクリックすると、プライバシーと Cookie に関する声明に同意したことになり、非機能性 Cookie を受け取ることになります。これらの非機能性 Cookie を介して、Travelgenioは、お客様のアクセス実績に基づいて、他のサイトなどでもお客様にアプローチいたします。

詳細情報
すべての Cookie 必要な Cookie